No.010 Date 2012-03-07
次回作「タワー」追加撮影に参加

 

去年「不気味な恋」で観客動員数300万人を超え、ロマンチックコメディーのヒット作を出したソン・イェジンが、「華麗なる休暇」、「7鉱区」とヒット作の続くキム・ジフン監督の次回作「タワー」で、ブロックバスター映画に挑戦。

 

撮影は昨年6月にクランクインしていたが、今夏封切りを目標に後半作業を進めている。今回一部シーンの追加撮影が2月14日に行われ、主演のソン・イェジンが撮影現場でチョコレートをスタッフ全員に分け、場を和やかにさせたと伝えられた。


アクション映画にはあまり出演しない彼女だが、2007年の「無防備都市」以来のアクション映画出演で、興行成功に対する意欲と期待が込められている。


ブロックバスター映画でヒット作が続くCJエンターテーメントが手掛けるこの作品は、「タワーリング・インフェルノ」の韓国版という声もあり、企画の段階から大いに関心を集めた巨作。

 

1000万の観客動員に成功した映画「海雲台」が<水>をテーマとしているのに対し、<火>をテーマにした「タワー」が、どのような成果を出せるのかに期待が集まっている。

 

CJエンターテーメント「タワー」関連ニュースはこちら