No.039 Date 2015-01-29
「幸せがいっぱいの家」4ヶ月間の撮影クランクアップ!

映画「幸せいっぱいの家」が1月11日(日)キョンサンナムド・ヤンサンでの撮影を最後にクランクアップした。

映画「幸せいっぱいの家」は、国会入城という夢の未来を目前とした政治家夫婦が、選挙期間中に残酷な事件に巻き込まれていくというスリラー映画だ。
前作で860万名もの観客を動員した映画「海賊」主演により、2014年デゾンサン映画祭の女優主演賞を受賞したソン・イェジンが、
自身に迫った事件を暴きながらショッキングな現実に向き合っていく政治家の妻「ヨンホン」役を、 そしてKBS「ハッピーサンデー1泊2日シーズン3」で優しい魅力を見せ、国民的な人気を得たキム・ジュヒョクが、野望に満ちた政治家「ゾンチャン」役を演じている。
魅力的なキャスティングで、制作発表時から大きな注目を集めていた。

約4ヶ月間、酷寒の中で行われてきた映画「幸せいっぱいの家」の撮影は、1月11日(日)ソン・イェジンとキム・ジュヒョクのシーンで撮影が終了した。
映画「妻が結婚した」以来2回目の共演となり、息ぴったりに現場の雰囲気を盛り上げてきたソン・イェジンとキム・ジュヒョク。
撮影が終わると、スタッフ達とお互いをねぎらったという。

「幸せいっぱいの家」で強烈な個性を見せる「ヨンホン」役のソン・イェジンは、
“撮影が終わったことが信じられない。以前の作品とは違う容貌を見せるために色々工夫をして撮影に望んだ。
この映画を通して既存スリラー映画の中での女性キャラクターとは違う新しいキャラクターを見せることができると思う"と伝えた。
また、優しいイメージから脱皮し冷静な姿を見せる「ゾンチャン」役のキム・ジュヒョクは、
“寒い中苦労しながら撮影をしたが、最後だと思うと残念だ。一生懸命に撮影したので良い作品が生まれたと思う"と、
最後の撮影に対する気持ちと作品に対する期待感を見せた。
イ・キョンミ監督は、“ソン・イェジン、キム・ジュヒョク、そして素晴らしいスタッフたちと一緒に仕事ができて幸せでした。
今まで見たことのない新鮮なスリラーを目指しました。沢山のご関心をお願い致します"と伝えた。

ソン・イェジンとキム・ジュヒョクの強烈な変身ぶりが期待を集めている映画「幸せいっぱいの家」は、デビュー作「ミスホンダンム」(2008)で第29回チョンリョン映画賞新人監督賞と脚本賞を受賞したイ・キョンミ監督が演出をした、新鮮で完成度の高いスリラー作品。
2015年、多くの観客を魅了しそうだ。
本作は現在編集中で、2015年内に公開予定。ソン・イェジンの期待の新作を楽しみに待とう!