忘れもしない、2018年8月。

 

グーグルのコアアップデートがありました。

 

 

アフィリエイターやブロガーなら誰でも

 

 

検索順位を上げなければ稼げません。

 

 

でも、どうしても対策方法がわからない!

 

という方も多いのではないでしょうか?

 

 

今回のアップデートで大幅に順位を下げられた方には

 

特に参考にしてほしいと思います。

検索順位の上げ方コアアップデートの対策方法とは?

 

 

ホワイトハットで本当に検索上位になれるの?

アフィリエイトにはいくつか手法がありますね。

 

・ホワイトハット

・ブラックSEO

・グレーハット(パワーブログ)

 

大別するとこんな感じだと思いますが、

 

私が検証した限り、

 

・ホワイトハット・・・自作自演リンク一切なし

・新規ドメインで5か月運営(今半年ぐらい)

・一記事10,000文字~15,000文字入れる

 

 

これでテストしてみました。

 

 

まあまあ、上位表示されるキーワードもちらほら。

 

しかし、目立つようなサイトにはなりませんでした。

 

 

ホワイトハットは時間をかけてサイトを育てていく手法なので

 

まあ、一年~2,3年レベルで運営していけばある程度の収益化はできるんだと思います。

 

 

・・・しかし、その数年レベルまであなたはモチベーションを保てますか?

 

という話です^^;

検索順位が上がらないと言うけれど?

検索順位が上がらない!

 

なんていうアフィリエイターの阿鼻叫喚が聞こえてきそうな

 

今回のグーグルのコアアップデート。

 

 

しかし、どんなにへぼいサイトでもアップデートをものともせず

 

上位表示され続けているサイトも存在します。

 

 

・・・ちょっとですね、ともかは女性なので、

 

女性がこんな例を出すのも気が引けるんですが

 

例としては一番良い例なので勇気を持って。

 

 

これで検索エンジン4位。

 

こちらはビックキーワードで一位。

 

 

こちらで三位ですね。

 

 

どうしてこのサイトを例にしたかというと、

 

記事がないサイト、動画だけのサイト。

 

つまりアンテナサイト

 

なんです。

 

 

そもそもアダルトの分野というのは、儲かるので競合強い分野です。

 

需要も多いですしね。

 

そういった分野で記事のないまるでゴミサイトのようなものが、

 

アップデート後も軒並み検索上位をキープしています。

 

 

つまりどういうことかというと、

 

グーグルは今も、

 

トラフィックを重要視しているのでは?

 

とうことです。

 

 

トラフィックって何?

トラフィックとは、

 

メインサイトを軸にして、

 

サテライトサイトやSNSからメインサイトにユーザーが流れてくることを指します。

 

 

今回の某サイトを図に表すと以下のようなイメージです。

 

 

今回例に挙げたサイトというのは

 

アンテナサイトでよく言われるまとめサイトです。

 

 

コンテンツは一切なく、メインサイトを基軸にユーザーが行ったり来たりしています。

 

 

すると、

 

よく良質なコンテンツが検索上位になる、とは言われていますが、

 

それも検索上位になる重要な要素には変わりはないんだけれど、

 

ホワイトハットだから検索上位になれる、という説明がつかなくなります。

 

 

だってそうですよね?

 

 

ホワイトハットである長文で良質な記事のあるサイトが検索上位になるのなら、

 

こういったコンテンツの一切ないアンテナサイトが

 

ビックキーワードで一位を取れるはずはないのです。

 

 

ということで、これから検索上位を目指すなら、

 

トラフィックの流れを重要視するのが有効なのではないか?

 

 

ということです。

 

ブログに取り入れるなら?

 

ではブログアフィリエイトやサイトアフィリエイトに取り入れるなら?

 

と考えると以下の構図です。

 

 

こういった活かし方ができると思うんです。

 

これからトラフィックを意識したサイト構築で、

 

今まで検索順位が上がらないと悩んでいた方も突破口になるんじゃないか?

 

 

なんて実験の結果痛感しています。ぜひ参考にしてください。

 

※検索順位を「手っ取り早く」上げる方法として、

 

サイト表示速度の見直しはもうしましたか?

 

一瞬で画像を圧縮し、サイトスピードを速くできる方法があります。

 

検索順位が落ちて悩んでいる人はこちらも参考にしてください。

↓   ↓   ↓

→画像を圧縮tinypngの使い方